完成品をメルカリで出品中!新たに4品追加しました。

アオシマ ランボルギーニ ムルシエラゴ SV 6.パーツ塗装とデカール貼り

こんにちは。

今回はパーツの塗装です。

基本はエアブラシですが
細かいところは筆塗りで塗装します。

塗装が終わったらデカールを貼り
保護のためのクリアを吹くところまで
進めていきます。

メッキ剥がし

メッキパーツに関しては
塗装しなおした方が綺麗に仕上がると思ったので
メッキを剥がすことにしました。

メッキ剥がしにはキッチンハイターを使いました。

セミグロスブラックの塗装

まずはタミヤLP5
セミグロスブラック
を吹いていきます。

ちなみにエンジンフードは裏側のみです。

セミグロスブラックの塗装が終わった状態です。

ブラックの塗装

次にLP1ブラックを吹いていきます。

ブラックを塗装した状態です。

グレーの塗装

次に内装パーツに
LP13佐世保グレイを吹いていきます。

塗装した状態です。

指示色はクレオスのダークグレーでしたが
持っていないのでこれで代用しました。

シルバーの塗装

次にLP11シルバーを吹いていきます。

塗り分けが必要なパーツもあります。

シルバーの塗装が終わった状態です。

メタリックブラックの塗装

次にメタリックブラックを吹いていきます。

メタリックブラックの塗装が終わった状態です。

塗り分けが結構あるので大変ですが
ちゃんとやっておくとカッコよくなるので
満足してまーす。

メタリックグレイの塗装

次にLP61メタリックグレイを塗り分けします。

ブレーキのローター部分になります。

メタリックグレイの塗装が終わった状態です。

チタンゴールドの塗装

次にLP62チタンゴールドを塗り分けます。

キャリパーの部分に塗装します。

本当はボディ色と同じにしたかったんですが
完全に忘れてました・・・

どうしようかなと思ったんですが
折角なのでゴールドキャリパーにしよう!
という感じでこの色を選択。

チタンゴールドの塗装が終わった状態です。

カッコ良くなりました!

チタンシルバーの塗装

次にLP63チタンシルバーを吹いていきます。

このパーツは排気管の一部です。

チタンシルバーの塗装が終わった状態です。

スパークリングシルバーの塗装

次にLP48スパークリングシルバーを吹いていきます。

パーツはヘッドライトのリフレクターです。

スパークリングシルバーの塗装が終わった状態。

筆塗り

ダッシュボードの塗装は細かいので
筆塗りで済ませてしまいます。

使う筆はタミヤのモデリングブラシHG面相 極細。

筆塗りが終わった状態です。

まぁまぁかな・・・

デカール貼り

デカールを貼っていきます。

タミヤのデカールのりを使っていきます。

シルバリングが起こりやすい部分に関しては
クレオスのマークセッターを使います。

さらにデカールの上からタップリ
マークセッターを付けて
しばらく放置しておきます。

艶消し塗装の上にデカールを貼ると
シルバリングが起こりやすい気がします。

シルバリングとはデカールの透明な部分が
白っぽく見えてしまう現象。

デカールが貼り終わった状態です。

デカール保護のためのクリア塗装

デカールが剥がれてしまわないように
クレオスのスーパークリアⅢを吹いて
保護しておきます。

私の場合はタップリ目に塗装します。

薄いと剥がれそうで嫌なので。

また艶消しパーツもここで一緒に塗装し
後でフラットクリヤーで艶を落とします。

全てのパーツにクリアを吹いた状態です。

艶消しパーツの艶を落とすため
LP23フラットクリヤーを薄く吹きます。

フラットクリヤーで艶を落とした状態です。

先ほどのシートのデカールも
周りに馴染んでます。

次回は研ぎ出しをする予定です。

ということで今回はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました