完成品をメルカリで出品中!新たに4品追加しました。

フジミ フェラーリF40LM 5.サーフェイサーと下地塗装

こんにちは。

今回はサーフェイサーの塗装
そしてボディ色の下地のピンクを
塗装します。

ではいきましょう!

まずはサフからです。

タミヤの瓶入りサフを使用します。

希釈率はサフ1:溶剤2です。

溶剤にはクレオスの
レベリング薄め液を使用。

ウイングを塗装する時には
こんな感じに竹串を加工して
使ってます。

両面塗装したいから
これだと便利ですよ。

もっといい方法があるかも
しれないですけどね。

塗装しました。

2回タップリ目に吹きました。

ダクトのアンダーパネルの所です。

ガタガタです。

反対側もガタガタ。

ここは完成後も見えるので直します。

直し方は簡単。

800番のペーパーをかければOKです!

ちょっと気になるところが

リアバンパーを取り付ける際
このボッチを穴にはめるんですが・・・




はい、合いませーんw

こういう場合はボッチをカット
してしまします。

こうすれば合いますね。

ただしボッチというガイドが無いので
付けるのが難しくなりますね。

私の場合はGPクリヤーで微調整しながら
接着しようかと思ってます。

他にもホコリが付いた箇所を削ったり
しましたので再度サフを吹きました。

ホイールもリムを800番でならしてから
塗装しました。

綺麗になりましたね!

サフを吹いた面を綺麗にするため
全体を軽く2000番をかけてあげます。

使用したのはトレカットの2000番です。

いきなりボディ色を塗装するのかと
思いきやそうではありません。

今回のボディ色は赤にしますので
下地をピンク
で塗装しておきます。

ここで使う塗料は隠ぺい力の高いものを
使います。

このクールホワイトは隠ぺい力が
高く発色がいいのでこれに
ハーマンレッドを少しに混ぜて
ピンクを作ります。



淡い色を塗装する場合サフ(グレー)の上に
直接塗装するとなかなか発色しません


簡単に言うといくら塗っても
暗い色になってしまうということですね。

なので一度隠ぺい力の高いホワイト等を
サフの上に塗装
をします。



ピンクは赤をより発色してくれる
そうので今回はそれでやっていきます。



ちなみに某プロの方が
黄色を塗装する際も下地は
ピンク
にしているそうです。

えーまじかーって感じですよ。

赤は知ってたけど
黄色は知らなかったなぁ。

今度やってみよっと!

クールホワイトの希釈率は
塗料2:溶剤3です。

なので10のメモリまで塗料を入れて
25まで溶剤を入れるということに
なります。

メモリ付きの瓶は便利ですね。

ちなみに
溶剤はクレオスのレベリング薄め液。

25まで入りました。

ハーマンレッドを数滴たらすと
ピンクになります。

それを吹きました。

フロントライトの上がちょっと
ボコボコしてる・・・

うーん・・・









見なかったことにしてくださいw

どうでしょうかね。

うーん・・・

やっぱり加工するは難しいですね。

戻りたくないので先いきます・・・

次のキットでは頑張るw

いちおうw
下地塗装完了です。

ということで今回はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました