完成品をメルカリで出品中!新たに4品追加しました。

フジミ フェラーリF40LM 2.ボディ修正

こんにちは。

今回はボディの修正をします。

正直かなり手ごわいです・・・

修正しないでそのまま組んでしまった方が
楽ではありますが最低限の修正はだけ
していきます。

では早速いきましょう!

おそらくこれが箱絵のモデルだと
思うんですけど似てないよなどう見ても。

似てないところは色々ありますが
この垂れ目の修正なら出来そうなので
やってみることにします。

プラ板を足してツリ目っぽくします。

まずはマスキングテープでプラバンを
足す箇所を確認
します。

そしてシャープペンでなぞって
それをプラ板に貼って切り出します


ちなみに
プラ板の厚みは0.5mmです。

実車のヘッドライトカバーは
かなり大型のものになります。

なのでこの方法だと現実とは
かけ離れてしまいますね・・・

でもそうするとヘッドライトカバーを
自作しなければなりません。

それは難しいので
今回はこの方法を採用します。

流し込み接着剤で付けて状態です。

後でパテを塗っていきます。

垂れ目は解消されそうですね。

そしてちょっと気になるのがこのダクト。

ダクトの下側のパネルが
上に引っ付きすぎててこれじゃ
どう考えても空気が抜けんだろうと。

下のパネルの角度をマスキングテープで
調整してみます。

これぐらい開いてると良さそうですね。

プラ板を適当に切って差し込んで
パネル側に接着剤で固定
します。

こんなもんでしょうか。

それでは修正箇所やヒケてる部分を
ホワイトパテで埋めていきます。

さっきのダクトのパネルです。

プラ板を追加したところにパテを塗ります。

完成すると見える箇所なので
段差を消してスムーズにしておくためです。

というかこのパーツは
なんていうんですかね。

アンダーパネル?アンダーカバー?

まぁいいっかw

ヘッドライトの箇所にもパテを付けます。

後はヒケの大きい所にも付けます。

実車の画像を見て気が付いたんですが
ダクトの中央になにやらパーツが
付いてますね。

それを再現するため1mmのプラ板を
適当に切りだして付けてみます


このままだと当然付きませんね。

削っては付けての調整を繰り返すこと数度
なんとかそれっぽくなりました。

どうでしょうか。

それから気になったのは実車だと
フロントのエンブレムの後ろに
ダクトが設けられてるんですね。

でもこれは今回はやりませんw


ということで今回はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました