完成品をメルカリで出品中!新たに4品追加しました。

タミヤ ランチア ストラトス ターボ 3.ボディ色塗装とデカール貼り

こんにちは。

今回はボディ色の塗装からデカール貼りまでです。

ボディ色塗装

まずはボディ色塗装からです。

使う塗料はクレオスのクールホワイト
溶剤は同社のレベリング薄め液

希釈は1:1。

クールホワイトは隠ぺい力のあるホワイトなので
サフでグレーに染まったボディを
あっという間に真っ白にしてくれます。

この上から通常のホワイト色を吹いても
あまり変わらないのでこの色をボディ色とします。

クールホワイトを塗装した状態。

完全に真っ白です。

デカール貼り

次にデカールを貼っていきます。

そのまま貼ると大変そうなところが
何か所かある
ので紹介します。

まずはルーフのダクト部分ですね。

タミヤのデカールは余白も結構あるので
このまま貼るのはちょっと難しいです。

なのでダクト周りの箇所だけ切り分けました。

さらに左右に分割。

これで貼りやすくなったかな。

リアのトランク周りはウイングの支柱が邪魔です。

ここも切り分けておきました。

それから今回はボディに再現されている
ディテールを残している
ので
そこかかるデカールはカットすることにします。

ここではヒンジがそれにあたります。

カットしました。

箱絵を見るとここのヒンジは赤なので
後で筆で塗る予定
です。

ボンネットに貼るデカールはダクトが問題です。

どうなじませか・・・

結局ダクト部分が浮いてしまっていたので
デザインナイフで切って馴染ませました。


白い部分が見えてしまっていますが
ここも筆で緑を塗ってごまかそうかと思います。

先ほどのルーフのダクト部分は綺麗に貼れてますね。

サイドですがここもディテールの部分を
カットして貼りました。

途中で破れてしまったところもありますが
ここも後で対処します。

引き続きデカールを貼っている時に
ミスを発見・・・

フロントとサイドのアンダー部分を
黒で塗り分けるっぽい・・・


そんなわけで急遽塗り分けることに。


※これは盛大な勘違いで結果から書くと
 塗り分けの必要はありませんでしたw

焦りながら塗り分けの準備をしていますw

まずは塗り分けではみ出したりしたときに
コンパウンドで消せるよう
一度クリアを薄く吹いておきます。

マスキングをしてセミグロスブラックを吹きます。

ちなみにデカールはクリアで保護されていないので
デカールを避けてマスキング
しました。

無事塗り分けが完了。

一息。ホッ

デカール貼りを続行します。

おや?

ちゃんと黒いラインのデカール用意されてし・・・

塗り分けの意味な・・・

ちなみにフロントもちゃんとデカールがありました。

なにやってんのよ俺w

そんなこんな色々ありながらも
何とか貼り終えました。

色々ありましたが
これでデカール貼り完了です。

次回はクリア塗装の予定です。

ということで今回はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました