完成品をメルカリで出品中!新たに4品追加しました。

タミヤ マクラーレン セナ 7.組み立て

こんにちは。

今回は組み立てをして完成させていきます。

ここ最近はモチベーションが高くて
なんだか作業がはかどってます。

気持ちの波があるのでいい状態のまま
完成まで一気に進めていきます!

それでは組み立てていきます。

ボディ側の組み立て

外装・内装のパーツには
塗料を溶かさないGPクリヤー
ハイグレードセメダインを使います。

シャーシ側のパーツには
タミヤセメント流し込み接着剤を使います。

ボディの骨格となる部分に
パーツを取り付けていきます。

エキゾーストは真上にに出る仕様です。

ルーフのパーツはスモークで塗装したんですが
もう少し暗くても良かったなぁ。

リアのフェンダー周りを付けました。

段々と形になっていきます。

フロント部分にもパーツを付けていきます。

リアウイング以外は
ボディ側はこれで完了です。

シャーシ側の組み立て

シャーシ側の組み立てなんですが
いきなりやらかしポイント発生です。

問題ないと思い仮組の時点で
画像の赤印のアーム類のパーツを
タミヤセメントでがっちり接着しましたが...

そのせいでペダル周りのパーツが
入らなくなってしまいました。


半分に割って入れようとしても入らない・・・

先に接着しちゃだめだったのね。

接着したパーツは
強固にくっ付いてて取れないので
もうどうにもなりません・・・・

結局ペダルレス仕様になりましたw

とほほ・・・

何事も無かったかのように進みますw

エンジン周りです。

すごいカッコいいんですが
完成後はほとんど見えないっぽい・・・

内装パーツはパーツ分割のお陰で
だれでも簡単かつ綺麗に仕上げられます。

パチパチとパーツを付ければシートが完成です。

他のパーツもほとんど分割なので楽ちんです。

これを塗り分けでやろうとすると
かなり大変ですもんね。

カッコいい~

この角度でもペダルは見えないから
まぁ大丈夫でしょう。

ドアの内張りも付けます。

ボディとドッキングします。

これがなかなか入らない・・・

細かいパーツが沢山付いているので
無理に広げるとポロポロパーツが取れます・・・

仮組で確認したので何で?とか思いながら
10分ほど格闘しました。

何とか入ったので裏返しにして
アンダーパネルを付けていきます。

フルフラットになりました。

やっぱり塗り分け箇所が
結構見えなくなってますね。

ちょっと残念。

ホイールを組み立てます。

そしてホイールをはめます。

後はケースの台座に固定してから
エンブレム部分のデカールが残っていたので
貼っておきます。

アップにしたけど文字読めませんね。

ここはクリアを吹きません。

もし浮くようなら
アクリルのクリアを筆で塗ります。

ウイングを組み立てます。

支柱ががっちりとくっ付いてくれるので
組み立てがすごく楽
でした。

ボディにウイングの支柱を刺します。

これで完成です。

レビュー

組み立てたレビューを書いていきます。

まず箱を開けた時に
パーツ数が多いので一瞬ひるみました

でも良く見ると塗り分け部分を分割したため
多くなってしまった
という感じだったので一安心

簡単に綺麗な塗り分けが再現できるようになっています。

スーパーカーは基本的に難しいキットが多いですが
このキットは作りやすかったです。

仮組や調整等をしなくても大丈夫な感じですね。

パーツの合わせ具合も
さすがのタミヤといったところで
とても素晴らしいものでした。

完成するとすごくカッコいいですね。

是非トライしてみてください。

ということでマクラーレンセナの製作は
これで完了となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました