完成品をメルカリで出品中!新たに4品追加しました。

タミヤ ザウバーメルセデス C9 4.下地処理

こんにちはhide03です。

今回は下地処理です。

面出しサーフェイサー塗装をしていきます。

それからリアカウルを止めるボッチを破損したので
ネオジムを仕込んで固定できるよう加工しました。

そちらも紹介します。

面出し

まずは面出しからです。

ボディ全体に800番のペーパーをかけていきます。

ボディ表面を平滑にする作業になりますね。

面出しが終わった状態です。

サーフェイサー塗装

次にサフを吹いていきます。

使うサフはクレオスのMrサーフェイサー1200
溶剤はクレオスのレベリング薄め液です。

希釈はサフ1:溶剤1.3です。

サフの塗装が終わった状態です。

修正

赤印境い目がヒケて見えてしまっています
緑印のダクト周りもまだ甘いので要修正ですね。

リアカウルから除く足回りのパーツも
合わせ目を消しましたが
凹みが残っているのでここも修正

ウェーブの瞬着を付けてから
タミヤの硬化促進剤を垂らしました。

そして600番→800番のペーパーをかけて
瞬着を盛った箇所を平滑に
していきます。

再度サフを塗装した状態です。

こんなもんでしょう。

足回りのパーツも直ってます。

ボディ裏の加工

本来赤印のところにボッチが付いていましたが
折ってしまいました・・・

ボッチが無いとリアカウルを固定できません・・・

ということで
ネオジムを使って固定できるように加工

使ったネオジムは2mmx2mmサイズ。

前側のボディ裏には
0.3mmのプラ板を受けに使っています。

本当はボッチがあった1箇所だけの予定でしたが
磁力が弱くてリアカウルを固定できず
そのため3か所固定にしました。

これで固定できるようになりました。

カウルを開けると受け側のプラが見えてしまうので
これが最適解では無いと思いますが
他に思いつかなかったのでまぁ仕方ないですねw

この後ある程度仮組をして
干渉しないか確認ところ問題無さそう
でした。

これで下地処理は完了です。

次回はボディ色塗装から進めるの予定です。

ということで今回はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました