完成品をメルカリで出品中!新たに4品追加しました。

アオシマ ランボルギーニ ディアブロGT 2.ボディの修正と面出し

こんにちは。

今回はスジ彫りやバリ取り
そして修正から面出しまで
やっていきます。

では早速いきましょう!

とその前バンパーの仮組と調整です。

フロントバンパーは上下分割式
になっています。

上側はボディ色で
下側はメタリックブラックで
塗装します。

かなり押し込まないと入らないので
塗膜の厚みを考慮して
両サイドを削って調整
しておきます。

金ヤスリでガリガリと。

すっと入るようになりました。

次にスジ彫りをしていきます。

上がタミヤのスジ彫りブレード0.15mm
下がミネシマの精密けがき針です。

スジが浅い部分は最初に
ケガキ針でスジを深くしてから
スジ彫りブレードを使います

毎回の事ですが
案の定はみ出しましたw

はみ出した箇所には分かりやすいよう
マジックペンで印
をつけます。

タミヤのイージーサンディングと
硬化促進剤を使ってキズを埋め
ます。

イージーサンディングを
印をつけたところに付けます


そこから少し離したところに
硬化促進剤垂らします。

一瞬で固まります。

硬化促進剤は
素晴らしい便利グッズです!

それからエンブレムのへこみも
デカールを貼る際に邪魔なので
埋めてしまいました。

後は600番をペーパーで削っていきます

削り終わりました。

イージーサンディングがスジに入り
埋まってしまったので対処します。

対処は簡単でガイドテープを貼って
スジを彫り直す
だけです。

使っているガイドテープは
ニチバンのクリアラインテープです。



ガイドテープが無いとまっすぐに
線が引けないので必須アイテムですね。

次にバリをとります

このように出っ張ってるところを
600番のペーパーで削って
平らに
します。

バリをとり終わりました。

次にフロントバンパーを接着します。

この段階で付けても問題ないので
付けてしまいます。

なるべく付けれるものは
付けて塗装をしてしまいます。

その方が楽ですから。

少し浮くのでマスキングテープで
固定して強引に付け
ました。

バンパーとボンネットに段差があるので
600番
でガリガリ削ります。

こんなもんでしょうか。

あんまりやりすぎと
形が変わってしまいそうなので
この辺でやめました。

次に800番のペーパーで
面出しをしました。

全ての面が艶消しになっていれば
削れたという証になります。

結構大変ですよね。

でも大事な作業です。

面出しが終わってから
ランナーを切ります


今回のディアブロはピラーが
細いので面出しの際に
折ってしまう
かも
しれませんのでね。

ゲート跡は600番
そして800番
をかけました。

ボディは面出しまで完了ですね。

次回以降にドアやエンジンフード等を
やっていきます。

ということで今回はここまでです。

↓ディアブロGT作ってみませんか↓

タイトルとURLをコピーしました