完成品をメルカリで出品中!新たに4品追加しました。

アオシマ ランボルギーニ ディアブロGT 6.クリア塗装とパーツ塗装

こんにちは。

今回は前回から続きの
クリア本塗装と
その乾燥時間を使って
パーツの塗装を進めていきます。

では早速いきましょう!

前回も紹介しましたが一応。

クリアはクレオスのスーパークリアⅢ
溶剤はレベリング薄め液を使用。

希釈は1:1

2回目の塗装です。

ホコリが付きました・・・

掃除したんですけどね。

黄色は黒いホコリが目立つので
すごく気になります。

1500番のトレカット
削ってみましたが
取りきれませんでした。

クリアはタップリ目に吹くので
ホコリが表面に付着しても
クリア層に潜っていくんだと
思われます。

下のクリア層も少し溶けて
そこにホコリが侵入して
いくんでしょうね。

うらめしい奴め!

前回の教訓を生かし
深いはしませんw

3回目です。

かなりテロテロになりました。

写っている蛍光灯の縁で
ボコボコ具合が分かるかと思います。

だからといってこれで終わらせちゃ
ダメとは思いませんよ。

ここで終わらせてもOKだと思います。

自分的に納得できるところまで
やればいいと個人的には思ってますので。

趣味ですからね。

とはいえ中研ぎ後の
オーバーコートの艶の綺麗さを
一度体験した私は
もう元に戻れません・・・

沼ですね・・・

おそろしいw


どうでもいい話ですが
最近積みプラがどんどん増えていく・・・

私の中の悪魔がささやきます。

今手に入れておかなければ
売り切れちゃうよ・・・

手に入らなくなるよ・・・

作りたかったんでしょ・・・

買っちゃえ・・・

今買っちゃえよ・・・

・・・

・・・

・・・

ポチっみたいなw






気が付いたら
どんどん積まれていく・・・

しかも後から考えると
あまりいらなかったなみたいなw

棚がいっぱいです。

あぁ恐ろしい・・・

この沼からいつ出れるのだろう・・・

はいでは次いきましょう!

乾燥時間を使って
パーツの塗装をします。

まずはこのLP5セミグロスブラック
塗装する箇所から。

エッチングパーツも塗装するので
メタルプライマーを吹いておきます。

このメタルプライマーを吹いても
結局塗料が取れたりするので
気休め程度にしかなりませんが。

塗装完了です。

今回は内装も全部
この色にする予定です。

理由?

楽以外ないでしょうw

次はクレオスの
2番+8番で塗装するパーツです。

2番が艶有り黒で
8番がシルバーになります。

私は基本的に調色が好きじゃないので
持っている色で代用しちゃいます。

今回はタミヤLP40
メタルブラックを使います。

塗装完了です。

2番+8番はおそらくカーボンを
表現したい
んだと思います。

カーボンデカールを貼るのが
一番いいとは思いますが
塗装で終わらせてしまうのも
有りですよね。

この色が正解なのかは
わかりませんが。

カーボンに見えなくもない?

ということで今回はここまでです。

↓ディアブロGT作ってみませんか↓

タイトルとURLをコピーしました