完成品をメルカリで出品中!新たに4品追加しました。

タミヤ アルピーヌ ルノー A110 3.ボディ色塗装

こんにちは。

今回はサフ塗装の続き
ボディ色塗装をしていきます。

ボディ色はメタリックブルーなので
発色を良くするために一度
白を吹いてからボディ色を塗装します。


青系はそこまで淡い色ではないんですが
下地の色の影響は受けるので
考えながら塗装をする必要がありますね。

サーフェイサーの塗装

前回サフを吹きましたが
まずはボディ表面をチェックしてから
2回目を吹いていきます。

ボディ表面をチェックします。

画像の箇所にまだバリが残ってました。

右側は少し凹んだような線ですね。

リアにもバリが残っています。

バリは600番→800番のペーパーを
で削り落としました。


画像にはありませんが
右側の少し凹んだ線も
同様の作業で消しました。

リアも同様にバリを削り落としました。

2回のサフを吹いた状態です。

バリは綺麗にとれてますね。

右側も、

リアも綺麗に修正されてます。

これでサフの塗装は完了です。

下地(白)の塗装

ボディ色の発色を良くするため
一度ボディを真っ白にします。

使う塗料はいつも通り
クレオスのクールホワイトです。

これは隠ぺい力のある白なので
サフの上に吹いても
ちゃんと真っ白になってくれます。


溶剤はクレオスのレベリング薄め液。

希釈は塗料1:溶剤1。

2回塗装した状態です。

インターバルは1時間くらいです。

これでボディ色の下地は完了です。

ボディ色塗装

ボディ色は説明書の指示では
TS-54 ライトメタリックブルーです

もっていないので調色します。

少し黄色味のある
メタリックブルーみたいなので
マイカブルーにクリヤーイエローを
足してみることにしました。


まあ調色といっても
エアブラシのカップで直接
塗料を混ぜるだけです・・・

超テキトーですw

ボディ色を計2回吹きました。

インターバルは2時間です。

画像だとただのメタリックブルーですが
肉眼で見ると光の当たり具合で
インディゴブルーになります。

この色で合っているのか自信ないので
真似しない方がいいかもしれません・・・


やっぱりTS-54のスプレーを
買った方が無難でしょうねw

私はこの色で満足しているので
このまま作業続けていくことにします。

ということで今回はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました