完成品をメルカリで出品中!新たに4品追加しました。

タミヤ 日産フェアレディ240ZG 8.デカール貼りと窓枠の塗り分け

こんにちは。

今回はデカールを貼って
クリアで保護するのと
メッキパーツの窓枠の
塗り分け方法をご紹介します。

では早速いきましょう。

まずはデカール貼りからです。

今回も少ないので楽ちんですw

小さいデカールばかりなので
今回はタミヤのデカールのり
使ていきます。

オイルフィルターが
いい味だしてます!

そんなこんなで
デカール貼り完了です。

よく見ると浮いてるのを発見。

シフトノブに貼る
シフトパターンなんですが
球体なのでなかなか馴染まない・・・

ドライヤー+マークソフター
なんとか馴染ませました。

メーターのガラスの表現ですが
今まではアクリルクリアを
使ってましたが
ハイグレードセメダインを
使ってみたいと思います。

ちょっと試してみたいなと思ってたんで。

実験実験!

多めにとってメーターのところに
落としていきます。

乾いたところです。

アクリルクリアの時と
あまり変わらないかな・・・

やっぱりボコボコしちゃいますね。

すごく上手な方
ダッシュボードの裏側を切って
セロファンみたいものを貼って
リアルに仕上げてる
のを
何かで見たことがありますが
私にはそこまではできない・・・

簡単にそれなりに仕上げるなら
今回の方法なんかも
アリなのかなぁなんて思います。

まぁそんなこと言ってるから
いつまで経っても
上達しないんですけどねw

デカールを貼って
そのままでもいいんですが
時間が経つとペリッと
剥がれてくることがあります。

そのため上から
クリアをエアブラシで吹いて
剥がれないように保護します。


デカールを貼ってから一日乾燥後
LP9クリヤーを塗装します。

希釈は1:1です。

クリア塗装完了です。

クリアを塗装したパーツの中で
本来半艶のパーツには
LP24セミグロスクリヤー
塗装して艶を調整します。

希釈は1:1

半艶状態になりました。

次は窓枠塗装をしていきます。

フロントとリアが塗り分け対象です。

X18=LP5セミグロスブラック

このメッキパーツです。

まずはメタルプライマー
スプレーして塗料の食いつきを
良くしておきます。

LP5セミグロスブラック
塗装します。

マスキングはしないで
そのまま塗ります。

塗装しました。

次にラッカー溶剤と綿棒を使って
メッキの部分を出していきます。

溶剤をしみ込ませた綿棒で
軽くこすって
いきます。

こすった部分のメッキが現れました。

この方法が一番楽なんじゃないかと
思います。

ということで今回はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました