完成品をメルカリで出品中!新たに4品追加しました。

フジミ フェラーリ F10 6.デカール貼りその2

こんにちは。

今回は続きのデカール貼りを
していきます。
この作業は苦手な方もいると思います。
私も得意では無いんですが
嫌いではないです。

作業が進んでくると
段々とレーシングカーとしての
カッコ良さが出てくるので
テンションが上がります。

やっぱりF1カッコいいですね!

では続きをやっていきます。

翼端板ですね。

「サンタンダー」ってなんの
会社かなって調べたら
サンタンデール銀行だそうです。

いやいやお恥ずかしい。

それにしてもメインスポンサーが
銀行とは思いもしませんでした。

おじさん世代の私としては
やっぱりマルボロだよな。

翼端板はこれで完了。

ちなみに
ETIHADは航空会社みたいです。

それとCPUでおなじみのAMDです。

細かいパーツも貼り終わりました。

リアウイングの裏側です。

ここは半艶の黒が指定色
デカールを貼る必要があります。

今回はクリアを塗装して研ぎ出し後
裏を黒で塗装しデカールを貼って
終わりにする予定
です。

半艶のため
デカールの境い目が目立たないので
上記の方法でやっていきます。

この印の箇所ですが
コックピット周りと
リアカウルの合わせ目に
貼るデカール
です。

先に書いておきますが
ここは完成後ズレちゃうかなと・・・

クリア塗装を重ねるとその厚みで
リアカウルが合わなくなる
んですよ。

仮組して削ったりしてと
調整すればいいんでしょうけど
正直難しいところなんです。

とはいえやっていきます。

マスキングテープでカウルを
固定してからデカールを貼りました。


デカールを貼って位置を合わせて
綿棒で水分を取ったら30分ほど放置

反対側も同じように。

ある程度乾いたらカッター等で
パネルラインに沿って切っていきます。


ここで大事なのは
必ずを刃を変えること。

これをケチるとデカールを破って
グズグズになることがあります。

カットしたら
マークソフターを塗布します。

そして綿棒で吸い取る
吸着してくれます。

後は分解して再度
綿棒をコロコロして水分を抜きます。

完成後ここが
ピッタリ合ってくれるのか
不安しかありませんw

次回はクリア塗装をしていきます。

塗装時の持ち手を紹介します。

色々やり方はあると思うんですが
私の場合は串を使います。

パーツを固定するのは
ワニ口クリップか両面テープを
使ってます。

このカウルは大きいので
両面テープ+マスキングシールを使って
貼っていきます。

こんな感じで貼っておくと
しっかり固定できます。

こんな感じで
エアブラシで塗装してます。

マスキングテープは使い終わったら
デカールを貼ってあるパーツの近くに
置かない方がいいです。

以前これがデカールにくっ付いて
剥がしてしまったことがあるので・・・

それ以来デカールの作業中は
なるべく遠ざけて置いてます。

こういうパーツにはワニ口クリップが
活躍しますね。

そんな感じで作業をしていたら
パーツの破損を発見!

このパーツは気を付けてたんですが
結局やってしまいましたね。

瞬着で付けました。

関節みたいになっちゃってますが
これで良しとします。

これでデカール貼り終了と思ったら
見落としがありましたので
貼っておきました。

ということで今回はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました