完成品をメルカリで出品中です。是非ご検討ください。

タミヤ タイサン スターカード 911GT2 3.下地処理

こんにちはhide03です。

今回は下地処理です。

具体的な作業内容は
スジ彫り→バリ取りやキズ埋め等の修正
面出しサーフェイサー塗装 です。

サーフェイサークレオスの
Mr.サーフェイサー1200を使用。

このサフを使っている理由は特には無くて
某プロの方が使っていたのと
不満も無いので使っています。

溶剤はクレオスのレベリング薄め液です。

これは乾くの遅いので表面が
ザラザラになりにくいということで
使っています。

スジ彫り

まずはスジ彫りからです。

スジ彫りにはタミヤの
スジ彫り超硬ブレード(0.15mm)
スジ彫り超硬ニードルを使います。

フェンダーとボディの境い目は
ガイドテープを使って彫り直しました。

ガイドテープはニチバンのものを使用。

パネルラインがあった方が
別パーツっぽくなりますね。

これでスジ彫り完了です。

キズ・押しピン跡の修正

スジ彫りではみ出したキズや
見える位置にある押しピン跡を
WAVEのx3Sの瞬着で埋めます。

翼端板の内側の押しピン跡。

リアのエンジンフードとウィングの
合わせ目にも使います。

それから内装のリアシート部分に
押しピン跡があったので
ついでに埋めておきました。

ここは外から見える可能性がありますからね。

バリ取りや埋めた箇所の平滑化

400番のペーパーを使って
バリ取りと瞬着を埋めた箇所を削ります。

それに加えて合いの調整もします。

エンジンフードは周りを削って
ちゃんと閉まるように調整しました。

ボンピン等のディテールは
ここで削り落としてしまいます。

400番が終わった状態。

400番をかけた箇所に600番のペーパーを
あてておきます。


これは400番のキズを消しておくためです。

面出し

次に面出しをするため
800番のペーパーを全体にかけていきます。

800番であればサーフェイサーを塗装すれば
キズは見えなくなります。

面出しが終わった状態です。

サーフェイサー塗装

最後にサフを吹いていきます。

希釈はサフ1:溶剤1.1です。

サフの塗装が終わった状態です。

今回は修正箇所はちゃんと直っていたので
これで完了とします。

次回はボディ色塗装とデカール貼りの予定。

ということで今回はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました