完成品をメルカリで出品中です。是非ご検討ください。

タミヤ マツダ ロードスター ND 5.ボディ塗装

こんにちはhide03です。

今回はボディの塗装です。

ボディ色には
ガイアノーツのEXホワイトを使います。

この塗料を使う理由
隠ぺい力が高いホワイトということと
どんな感じなのか試しかったためです。

いつもはクレオスの
クールホワイトを使っていますが
違いを見てみたいと思います。

塗装後はさらに塗り分けをして
デカールを貼るところまで進めていきます。

ボディ塗装

ガイアノーツEXホワイトを吹いていきます。

溶剤はクレオスのレベリング薄め液を
適当に希釈して使います。

計3回吹いた状態です。

クールホワイトと比較すると
隠ぺい力はちょっと弱い気がしますね。

隠ぺい力を求めるなら同社(ガイア)の
アルティメットホワイトがあるので
そっちを使うのが吉ですね。

色味に関してはほとんど変わらないかな・・・

若干黄色味があるような気もしますが
正直よくわからないってレベルですねw

今後も使っていくかは検討中です。

塗り分けがあるので予めクレオスの
スーパークリアーⅢを吹いておきます。

希釈は1:1.5です。

このクリア塗料を使う理由
コスパがいいからという単純なものです。

クリアを吹く理由は塗り分けではみ出した時に
コンパウンドで消すことができるからです。

コンパウンドはクリア層を削ることになるので
基本的に下地が出る心配がありませんね。

クリアが乾いたらタミヤの
LP1ブラックを吹いていきます。

Aピラーが塗り分け対象です。

ブラックの塗装が終わった状態。

今回ははみ出しは無かったです。

デカール貼り

最後にデカールを貼ります。

デカール用ののりはクレオスの
マークセッターを使います。

デカールを貼るといっても
ハイマウントストップランプのみになります。

デカールを貼り終えました。


次回はクリア塗装の予定です。

ということで今回はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました